買取利用時の漫画の詰め方・送り方

買取店に漫画を綺麗に送る方法

小さめのダンボールに平積みで詰める

漫画の様な書籍類は、数が増えれば増える程重たくなります。

重量が過剰に増えてしまうと、ダンボールの底が抜けてしまう恐れがあります。

そのため、査定してもらいたい漫画の量が多くても、大きなダンボールを選ぶのはNGです。

小さなダンボールを複数枚使って梱包するようにしましょう。

漫画を詰め込むときには、漫画を縦に並べるのではなく、横に並べる平積みの方法でおくりましょう。

輸送中の揺れで本自体を傷めてしまったり、隙間によって漫画がヨレてしまう恐れがありますが、平積みにするとこれを防ぐことができます。

小さめのダンボールを使用するのであれば、箱一杯になるまで平積みで漫画を重ねてしまって大丈夫です。

むしろ、上部に隙間が出来ない様に詰めた方が、縦揺れに強い環境を作ることが出来ます。

漫画を並列して並べられるのであれば、左右均等に重さのバランスが取れるように冊数を工夫してください。

緩衝材を使えば配送時も安心

漫画の梱包時の必需品は、緩衝材です。

漫画を詰めるとどうしても隙間が出来てしまうので、ここに緩衝材を詰めることで漫画がダンボールの中で動くのを防ぐことが出来ます。

買取店によっては緩衝材を宅配キットに入れて送ってくれることもありますが、ダンボールのみの提供だったり、全て自分で準備しなければならない事もあります。

もらった緩衝材が不足していたり自分で用意する必要がある時は、インターネット通販で買い物をした時に同梱されていた緩衝材を、そのまま使いましょう。

また身近な物で代用する場合は、新聞やチラシ、雑誌などを緩衝材として使うことが出来ます

くしゃくしゃと軽く丸めて詰めると、紙の間に空気の層ができるため、緩衝材としての役割を果たします。

緩衝材の量が少ないと、漫画の動きを防ぎきれなくなってしまいますので、できるだけ一杯に詰めるようにしましょう。